fbpx

活躍事例Case

受講されたの方からの声

現場の方から「サポートしてくれてありがとう」と言われると本当にうれしい

五十嵐様

新潟県 伊米ヶ崎建設株式会社
/ 2019年初級/2020年中級受講 五十嵐留美子様
同社代表取締役社長 櫻井様からのコメント >

現在の業務内容について教えてください。

主に工事の積算(※)を担当しています。例えば、道路の舗装工事や河川の改修工事などの設計図を基に、積算ソフトを使いながら価格を割り出していく作業になります。現在は技術者として現場にも足を運びながら、現場代理人のもとで少しずつですが書類作成の勉強も始めています。

専門的な知識があるからこそできるものなのでしょうか?

積算はゼロから学びましたし、積算ソフトを使って計算するので、基礎知識さえあれば問題ないと思います。図面を読み解く知識などは必要ですが、実際に現場を見ると自分が積算したものが形になっていく楽しさも味わえます。

業務の効率化や情報の共有化で工夫していることはありますか。

契約書や工事の内容をまとめた資料はデータ化して社内で共有しています。必要な資料をいつでも見られるようにすることで、作業の効率化に役立ててもらっています。

建設ディレクターになってよかったと思う瞬間はどんなときですか?

今は現場に通いながら実際の作業を自分の目で見て、積算の精度を高めている最中ですが、そうした姿を見守ってくれている現場の方から「サポートしてくれてありがとう」と言われると本当にうれしいですね。

これから建設ディレクターを目指す方にアドバイスをください。

建設ディレクターといっても、企業によってその業務や役割はさまざまです。建設業は本当に奥深くて、だからこそ誰にでもチャンスがある。スキルアップを目指す意味でもぜひチャレンジしてほしいと思います。

※設計図や仕様書から資材や数量を算出して合計金額を出し、必要な工事費の見積もりを算出していくこと。

一覧へ