fbpx

活躍事例Case

経営者の方からの評価

課題の見える化の役割も担ってくれているので、存在そのものが非常にありがたい

コンストラクション株式会社

広島県 シンクコンストラクション株式会社
/ 取締役 社長室 室長 正路盛也様
同社スタッフT様からのコメント >

建設ディレクター導入のきっかけと目的を教えて下さい

弊社でも突発的なトラブル対応の人材不足の課題がありました。また、デジタル化を進めたいとも常々考え、少しずつ移行作業を進めていたところ、女性でも働きやすい建設ディレクターのポジションが採用や業務改善にも有効だと思いました。

現場や社内の反応はどうでしたか

建設業界は男性社会という価値観があるなかで、最初はどう接したらいいのかわからないといった声やどういう仕事をしてもらったら良いのか?という戸惑いの声が多数を占めていました。ですが、建設ディレクターが現場を回り、ヒアリングをしたこと、建設ディレクターと年齢が近い社員がチームを作り、業務の洗い出しを行ったことをきっかけに、仕事の割り振りや「できる仕事」を探す空気が出てきたあたりから可能性がどんどんと拡がりました。
営業部長やチームメンバーが現場との橋渡し役を担ってくれましたが、建設ディレクター本人と現場とのコミュニケーションも深まるにつれ、やってほしいことやできることのすり合わせが進みました。

建設ディレクター導入と同時に行った環境整備はありますか

建設ディレクター導入と同時に行った環境整備はありますか
とにかく「この仕事はカッコいい」と若い人に伝えたいと思い、ユニフォームを清潔感のある色合いに刷新しました。もともとオフィスのデジタル化はスタートしていましたので、現場でもドローンや3DなどICT施工も進めました。
また、男女関係なく働く環境も大切だと考え、オフィスや現場のトレイを綺麗にしましたし、建設ディレクターチームという新部署も対上げました。
ICTを中心に社内でできることが増えた結果、内製化が進み、自分たちの予定にあわせて仕事ができるので時間の使い方が工夫できるといった効果が見え、コストの削減もできました。会社全体の底上げと各所のサポートにはやはりICTを活用する人材が必要だと強く実感しました。なので、ICTは誰でもできるものと捉えられるように業務の見える化や品質の向上を進め、社内の活性化につなげていきたいと考えています。

建設ディレクターTさんの成長が著しいと感じるところを教えて下さい

入社当時から積極的にコミュニケーションをとっていたので、着実に社内での信頼関係を築いてきています。直接現場をみることにより現場でしかわかりえない厳しさや課題が明確に見えてきていると思います。私も全ての現場にマメに足を運ぶことは難しいので、経営者にはなかなか届かないような現場の色々な悩みもフィードバックしてくれるなど、私の代わりになってくれています。会社の課題にどのように対処していくか、課題の見える化の役割も担ってくれていますので、存在そのものが非常にありがたいです。

建設ディレクターチームの今後の目標と期待することを教えて下さい

チーム内で定めた2030年までに工務部の平均残業時間を10時間にする目標がありますので、どうすれば達成できるか、日々起こる変化にどう対処していくか、どう解決するか日々課題を洗い出していますが、この話し合いは続けたいと思います。
建設ディレクターチームは当初の想定以上に高いモチベーションを保っているので、周囲に気づきと刺激を与える、具体的に言えば、ここ数年増えてきた若手社員の意識を変える、意識を高める、一歩踏み込んで切り拓く勇気を与える存在になってくれることを期待しています。

一覧へ