fbpx

活躍事例Case

建設ディレクターの声

知れば知るほど土木が好きになる

鹿児島県 ヤマグチ株式会社
/ 2020年、2021年初級受講 N様 H様
同社代表取締役社長 山口様からのコメント >

ヤマグチ株式会社に入社したきっかけを教えて下さい。

Nさん:学校に副社長が来られた時に初めて会社の話を聞きました。その後、会社見学に伺った際に出迎えてくださった社員の方や、そこで働く皆さんの雰囲気がすごく良く、ここで働きたいと思いました。父親は最初「女性が働く環境が整っていないのではないか」と心配していたのですが、私が日々の会話の中で「今日はこれを教えてもらった」「良い人ばかり」という話をするのを聞いて安心し、今では私の仕事を応援してくれています。

Hさん:就職活動をしている時、自分がやりたことがわからなくてギリギリまで何も決めていませんでした。そんな時、会社見学をさせてもらったところ、会社の雰囲気も良いしこの会社で働きたいと思いました。うちは両親とも仕事をしていて皆で力をあわせるということが当たり前の環境でした。両親が忙しい時には祖父母の家に行くことも多く、よく農作業の手伝いもしたので何かを作るのはすごい事だと子供の頃から感じていました。土木の会社で働くことに母は最初心配しましたが「自分が進む将来のことだから頑張りなさい」と応援してくれています。

入社以来経験した仕事を教えて下さい。

Nさん:入社約2年になりますが、安全関係、施工台帳、建退共、災防協の報告書作成、工程表の清書、工事写真の管理や、課長と一緒に施工計画書の作成もしたりしています。CADやExcelを使った業務も随分と早くできるようになりました。私は建築系のことは勉強をしていましたが、土木のことはよく知らなかったのですが、知れば知るほど土木が好きになる自分がいます。

Hさん:入社半年が経ちました。各種ファイリングやインデックス、目次作成に始まり、建退共、施工体系図、互換割付図、施工体系図作成、写真も挑戦、測量、マニフェスト作成なども少しずつできるようになってきました。今は一から全ての業務に関わる初めての現場を経験中です。

お二人にとって技術者はどんな存在ですか。

Nさん:施工管理に挑戦している同期生も素敵だし、とても頼りがいのある存在です。今は課長がすぐそばにいるので、すごく心強いです。課長が職人さん達の調整や全体の現場管理などされている姿を見るとすごいな、カッコいいなと思います。

Hさん:知識も何もないところからスタートしました。入社半年で、一から関わる現場は今が 初めてなのですが、課長が丁寧に優しく教えてくれ、わからないことがあっても わかりやすく説明してくれます。すごく頼りになりますし、尊敬しています。

挑戦したいこと。

Nさん:最近、重機の資格を取りました。せっかくなので現場で乗る機会がないかなと思っています。入社する前は『監督=職人さんに指示をする人』というイメージだったのですが、職人さんの知恵を活かしながら現場を調整している様子を見るとすごい仕事だなと思います。総務や営業の女性と一緒に現場パトロールに出て、現場を見ているので施工管理にも興味が出てきました。

Hさん:私も重機の免許をとったので、いつか乗ってみたいです。入社してから現場のイメージが変わりました。どんどんと現場が変化していく様子が面白いです。現場パトロールにも早く行ってみたいです。女性が活躍しているのが目に触れる事が多くなると、会社の評価もアップすると思います。せっかく建設業で働いているので資格をとって色々なことに挑戦したいです。

技術者の方と一緒に仕事をするうえで、工夫していることを教えて下さい。

Nさん:わからなかったらすぐに聞くこと、任された仕事があれば忘れないうちのメモを取ることを大切にしています。課長が現場に出向いている時などを利用して「次はこれが必要かな?」「これをやっておいたほうがいいかな?」と先のことを考えながら、必要な準備をするようにしています。

Hさん:わからないこと、初めてのことはやり方を聞いて、質問をして自分なりに理解してから始めるようにしています。今はまだ次に必要なことがわからないので、早く仕事を覚えてわかるようになりたいです。仕事の流れと必要なことがわかるようになるのが目標です。

Nさん、Hさん:今隣同士の現場にいるので、お互いが経験した業務の内容ややり方をノートに書く、建設ディレクターノートをスタートしました。

お休みの日はどんなふうに過ごしていますか。

Nさん:家にいる時は動画を見たり、マンガを読んだりして気分転換をしています。 他は親と一緒に買い物に行ったり、友達と遊ぶ時間も大切にしています。

Hさん:家族の共通の趣味が車なので、お休みの日は愛車を綺麗にすることに時間をかけています。私も親と買い物に行ったり、友達と遊びに行ったりしています。

ヤマグチ株式会社の良いところを教えて下さい。

Nさん:会社見学の時と変わらず、みなさんがとても優しくて温かいです。 副社長や社長もいつも声をかけてくれますし、ヤマグチ株式会社に就職して良かったと思います。 色々なことに挑戦したいと言える雰囲気があるのが嬉しいです。

Hさん:社長が「取りたい資格あったら部長に言ってね。挑戦したいことはどんどんと挑戦しなさい」と言ってくれます。そんな風に皆さんが声をかけてくれるのが嬉しいし、会社の雰囲気がとても良いです。

これからの目標を教えて下さい。

Nさん:今の現場が終わって書類も作り終わったら「次もまた長坪さんに手伝ってほしい」と言われることが目標です。そのためにきちんとした仕事をしたいです。

Hさん:今の現場の経験を経て「河川工事にはこういう書類が必要」「この書類を作成するには、これを揃えておかないといけない」といったように、全てを把握して色々な人から「原田さん、この書類って何が必要なんだっけ」と聞かれた時に即答できるようになるのが目標です。

建設ディレクター教育担当のお一人、B課長からのコメント

Nさんは建設ディレクター第一号として可能性を切り拓いてくれました。ITにも強く て、できることがどんどんと増えています。Hさんは今初めての現場に関わっていますが「早く仕事を覚えよう」「できる事を増やしたい」という意欲が伝わってきます。 当初の予想以上に二人の成長が著しいので、私たちも教える喜びを実感しています。

ヤマグチ株式会社

一覧へ