ITとコミュニケーションスキルで現場を支援する新しい職域
建設ディレクター

建設ディレクターとは、ITとコミュニケーションスキルで現場を支援する新しい職域です。
工事施工に係るデータの整理及び処理、提出する書類の作成やICT業務等を行います。
専門スキルを身に着け、現場とオフィスをつなぎ・支援することで、
技術者が品質管理や技術の継承などに集中する環境をつくります。
建設ディレクターは、建設業における働き方改革、
DX及びダイバーシティを推進する担い手として大きな期待が寄せられています。
ポータブルスキルを身につけることで、ライフステージに左右されない安定した雇用を保つことができ、
リモート環境の加速が実現する建設業界で社会的意義をもちながらも働き続けやすい職域として
女性や若手の業界進出、多様な人材の活躍にも繋がっています。

「建設ディレクター」は、一般社団法人建設ディレクター協会の登録商標です。
(登録番号:第5939693号、第6327912号)

ロゴマークについて

ロゴマークについて

建設ディレクターを導入・賛同していただける企業や個人様に向けた、現場とオフィスをつなぐ存在となる建設ディレクターの普及・定着のためのロゴマークです。
建設ディレクターと現場をつなぐリボンをモチーフにしています。
ロゴマークの普及と共に、建設ディレクターの活動が円滑な建設業界支援として浸透することを目指しています。

※過去に講座を受講された資格認定企業様は、名刺やウェブサイトの掲載にご利用いただけます。(ダウンロードはこちら【要ログイン】)

SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

建設ディレクター協会では、SDGsの17の目標のうち、
「3.すべての人に健康と福祉を」
「4.質の高い教育をみんなに」
「5.ジェンダー平等を実現しよう」
「8.働きがいも経済成長も」
「17.パートナーシップで目標を達成しよう」

を関連ゴールに設定し、活動しています。

PAGE TOP