建設ディレクターコミュニケーションセンターオープン記念フォーラム

建設ディレクター®とは?

建設ディレクター®とは、ITスキルとコミュニケーションスキルによって、オフィスから現場支援を行う新たな職域です。
従来の役割分担、職域の枠取りを超えて多様な人材が建設業で働くことにより、労働力不足の解消のみならず、
職場に活性化・好循環を生み出します。

また、オフィスが現場の書類業務を分担することで、社内の業務整理が進む結果、働き方改革へと進む道筋が整備されます。

当協会が運営管理する『建設ディレクター®育成講座』は、
建設業のオフィスで生涯にわたって働き活躍する環境を支援する教育システムです。

オフィスから現場支援をするスキルの短期間での習得実現を目標に、
オリジナルの指導方針・育成プログラムを導入しております。
修了した受講者には『建設ディレクター®認定証明書』が発行されます。

建設ディレクター®3つの役割

  • 1.生産性向上
    ITスキルで工事書類の作成をし、現場を支援します。
  • 2.女性が活躍する職場を実現
    コミュニケーションスキルで現場と事務所をつなぎます。
  • 3.働き方改革に向けた業務改善
    継続的なカイゼンで社内の仕組みを整えます。
建設ディレクター®3つの役割

建設ディレクター®
育成の期待効果

建設ディレクター®育成の期待効果